動物病院用お薬効能説明書&お薬袋印刷発行システム「Di-Pet」他動物病院との差別化、新規開業の動物病院様に

Di-Pet
Di-Petとは? Di-Petの機能 導入事例 Di-Petの資料請求 Di-Petのお問い合わせ
 つばさ動物病院様  
東京都大田区で、洗足池がある公園の閑静な住宅街に
トリミングショップコーナーも兼ねている動物病院様です。
飼い主様へのサービスにはいつも気を使われていて、
“つばさフェスタ”など独自のサービス展開なども
されています。
http://www.tsubasa-ac.com/
お薬効能説明書により、お薬への安心感を    
提供出来るようになりました。
飼い主様に、より一層のサービス向上を
図っています。
Di-Pet システムを導入しようと思った理由・導入のきっかけとなったポイントは?
人間の方では、お薬の効能説明書や印刷された
お薬袋が一緒に出ているのに、動物用には
今までなかったので、システムのことを知った時
には、飛びつきました。
飼い主様が、病院でお薬を貰ってペットに
飲ましているものが、何のお薬か判らずに
飲ましている方が多かった為、判り易く説明し
伝えることが出来るシステムを導入したかった。
導入する上で問題になった点は?
パソコンにシステムを導入するのに、今のパソコンでは対応出来なかったので、パソコン
(Windows XP)を購入しなければならなかったのはちょっと痛手でした。しかし、DMなどの
制作にも使用しているので結果往来でした。
導入によって効果があった点・メリットは?
お薬の効能説明書によって、何のお薬をペットに飲ま
せるのか、明確に飼い主様に伝えることが出来るよう
になりました。また、お薬の効能はもちろんですが、
注意事項に飼い主様が不安になるような説明など
(吐気やふらつき・・・とか)が書かれていると、
そのことを気にされてお問い合わせなどがあるのでは?
と病院側では心配していましたが、全くそんなこともなく
かえって安心感を与えることが出来たのでよかったです。
また、システムを導入するとかえって作業の負担が多く
なるのでは?と思いましたが、印刷を出すのは
とても簡単でした。慣れるともっと早く出せるようになり、飼い主様をお待たせすることもありません。
将来、システムに期待する点は?
顧客管理などのシステムとの連動で、コンピュータ同士が無線LAN対応出来ればいいです。
プリンターも合わせてなるといいかな。
 
copyright (C) 2008 エクスプリズム株式会社